仮想通貨はどうしても法定通貨でないと言う理由から信頼性に欠ける、どうしてもセキュリティー上危険だと言う思いを持っている方々が多いかもしれません。
しかしながら実際にはそんな事はなく逆に仮想通貨で用いられているブロックチェーン技術、または暗号化技術は様々な場面で生かされることが多くなっていったり、様々な業界団体からも注目をされているのが実態です。

仮想通貨の成り立ちから言ってこのようなブロック遅延技術やセキュリティー技術が重要視されるのは当たり前のことなのです。なんといってもインターネット上で仮想通貨が流通する以上はセキュリティーは重要になってくるからです。
例えば、企業同士のやり取りではなくても個人と集団インターネット上で仮想通貨で売買を行うにあたって個人情報やフィッシング詐欺などが発生してしまうと仮想通貨が利用できないと言う風評が経ち数多くある仮想通貨の中でも利用ができなくといったマイナス要素が発生してしまいます。 
だからこそ仮想通貨を生み出す際、または取引所としてはどれだけ情報セキュリティ、またはリスクを避けたくて運用させるかということが重要になってくるのです。

実際に、仮想通貨を用いたこのようなブロックチェーン技術やセキュリティー技術については大手の金融機関も注目しておりインターネットバンキング等でも仮想通貨のセキュリティー技術を流用してうまく流通させるような仕組みができつつあります。
ですから、インターネットバンキングもいわば法定通貨である日本で言えば塩を扱っているだけであり技術的には仮想通貨のブロック遅延技術やセキュリティー技術をうまく活用していると言っても過言ではありません。

様々な仮想通貨がありますが基本となる新宿については同じです。
インターネット上で流通するにあたってのセキュリティーは必ず必要であり、個人情報保護の観点からもユーザを守るためには絶えず、ハッキングの上から研究を続ける必要があると思います。

結果的に通常の通貨である日本の円もインターネットで流通させる以上は仮想通貨の方が一歩先に発展した技術をうまく利用してセキュリティーを高める流れになっています。 
もちろん、同じように、ゲーム業界をはじめ、さらに仮想通貨の技術が活かされるべきタイミングが今であり、これからも同じように求められ続ける事は言うまでもありません。
いわば、仮想通貨は技術としては一歩先を行っています。