2017年くらいから急速な人気拡大を見せているビットコインですが、単に仮想通貨いっても様々な種類があります。
ビットコインを始め仮想通貨を通称「アルトコイン」と呼びますが、利益をあげるための通貨の選び方や将来的に人気が出るであろうコインの銘柄はどうやって選ぶのかについて紹介します。

仮想通貨を選ぶ方法としては、まず「通貨として信頼性があるか」というのが最初の見極めポイントです。
私たちが日常生活で使用している紙幣や硬貨などは、おもに日本銀行から発行されていいるものであり、お札には「日本銀行券」と記載されています。

これらは仮想通貨と分けて実際の生活で使用する通貨であることから実用通貨と呼ばれています。
要するに、日本銀行から発行されていることが信頼性が高いといえるのと同じく、仮想通貨の場合も信頼性が高い通貨での取引が推奨されています。
日本国内における取引所における通貨は「ホワイトリスト入り」しているものが多いと言われています。
ホワイトリスト=安全と思われがちですが、財務省や金融庁が安全性を保証しているわけではないということを念頭い置いておく必要があります。

次の見極めポイントは、「流動性」です。
流動性とは実際の市場(マーケット)での取引状況を指します。
流動性の大きい通貨は時価総額自体も高額であるものが多いです。銘柄選びの際にこの時価総額の上下が取引をする仮想通貨の銘柄を決めるといっても過言ではありません。最後の見極めポイントは、「ボラティリティ」とは、仮想通貨における一般的な価格変動のことを言います。

このボラティリティが高いほど将来性が見込める通貨であると言われているのです。
これがなければ仮想通貨における通常取引およびFX、バイナリーオプションなどにおける取引で利益を出すことは困難であると言われています。
ボラティリティの高さの確認方法はチャートを見ることです。
FXやバイナリーオプションで活用されるような一般的なものではなく、仮想通貨に関するチャートを確認することです。

チャートでは値動きなどが明確に表されているので、それによりエントリーの判断ができるようになります。
また、ボラティリティには過去の相場分析などから導き出された「ヒストリカルボラティリティ」と仮想通貨におけるバイナリーオプション取引で参考になる可能性が高い「インプライドボラティリティ」があり、どの手法で取引をするかで参照にするボラティリティが変わってきます。